個人再生とは債務整理の一つで借金を減らしてその後の

個人再生とは債務整理の一つで借金を減らしてその後の返済を緩和するといったものです。
これを行う事によって多くの人の生活が多少なりとも楽になるという実例があります。
かつて私もこの債務整理をしたことによって救われたのです。
借金の額が多くなり、もう自分の力での返済は難しい場合に、債務整理を実施します。借金の額が多く返せなくなってしまった人は弁護士や司法書士に相談しましょう。
そして、手続きを経て裁判所で弁護士と債権者、裁判官が相談します。
月にいくらなら返済できるかなどを話し合い、その後、月々に返す額が算出されます。債務整理というこの言葉に初耳の方も多くおられると思いますが、任意整理、自己破産、あとは過払い金請求など借金に悩む人が、借金を片付ける方法を全てまとめて債務整理と言います。つまり、債務整理の意味とは借金を整理するやり方の総称と言えます。
個人再生をするにも、不認可となってしまうケースがあるのです。
個人再生をするためには、返済計画案を提出しなければなりませんが、これが裁判所で認めてもらえないと不認可となります。当たり前ですが、認可がおりなければ、個人再生はできません。
自己破産というのは、借金を返すのがもう明らかに無理だということを裁判所に理解してもらい、法律により、借金を取り消してもらえる仕組みです。生活する中で、必要最低限の財産以外は、何もかも失うことになります。
日本国民ならば、誰もが自己破産ができるのです。
借金を全部なくすのが自己破産の制度となるのです。
借金で苦しんでいる人には喜ばしいことですよね。
ですけど、メリットばかりではありません。無論、デメリットもあります。家や車といった財産は全部手放さなければいけません。
また、約十年間はブラックリストというものに載る為、新たな借り入れは、行えなくなります。
私は色々な消費者金融からお金を貸してもらっていましたが、返済できなくなり、債務整理することになったのです。債務整理にも様々な方法があって、私がやってみたのは自己破産だったのです。
自己破産してしまうと借金が清算され、負担が減りました。個人再生にはいくらかの不利な条件があります。
最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に支払う費用が多かったなんて事例もあるのです。
また、この仕方は手続き期間が長くなってしまうため、減額となるまでにかなりの時間を必要とすることが少なくありません。
債務整理と一言でいっても色々な方法があるものです。
個人再生とか特定調停、自己破産や払い過ぎたお金の請求など色々です。どれも性質に相違があるので自分はどれを選択すればばいいのかというのは専門家と協議をして決断するのがいいと思います。
私はお金を借りたせいで差し押さえがありそうだったので財務整理をする事に決めました。債務整理すると借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免除される事になるからです。
近所の弁護士事務所で相談してみました。
家族のような気持ちになって相談に乗ってもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。